駆逐戦車の特徴と立ち回り方

砲撃の名手駆逐戦車

駆逐戦車の特徴はとにかく強力な砲撃。その威力に関しては格上の重戦車の装甲を貫通し、格下の軽戦車であれば一撃で倒すことができるほど。しかし強力な砲撃を持っている反面、砲塔が回転しない車両がほとんどで、車体ごと向きを変えなければ相手を狙うことができません。
Hetzer
そのため市街地などの飛び出し打ちは困難で、中戦車などに接近されれば何もできないまま倒されることもしばしばです。

得意なのは障害物が多くない広いエリア。立ち回りが難しいため、低tierではチーム内に4両の駆逐戦車なども珍しくないですが、だんだんとその難しさに嫌気がさすのか、中tierからはチーム内で1-2両程度に減ります。

立ち回り方

基本的には最後方からスナイパーのように砲撃するのが駆逐戦車の役割です。よってなるべく相手の戦車がいそうな場所に射線が通る位置取りが非常に重要で、位置を間違えると何もすることができず、味方が散っていくのを見守ることになってしまいます。

なのでマップの構造を理解し、自分なりに狙撃ポイントを見つけておきましょう。基本的には高台に登るとかなりの範囲をカバーできますが、相手に見つかってしまえば、あらゆるところから撃たれるリスクもあります。

このように位置取りが重要なため、マップを熟知したうえで、相手の進軍ルートの予想がたてられる玄人向けの車両と言えるでしょう。

ちなみに装甲に関しては前面が厚いものが多く、一部重戦車と真正面から撃ち合える車両も存在します。特に市街地などは後方に構えていてもなかなか狙撃の機会はないので、相手に前面を見せて撃ち合うという選択肢もあります。

駆逐戦車で気を付けたいのはスポットされ続けないことです。駆逐戦車はなるべくいろいろな所に射線が通る場所がよいのですが、それは一方でどの場所からも狙われる位置にいるということでもあります。自分にスポットのマークがついたら、基本的には場所を変えてスポットが切れるのを待ちましょう。

また基本的に車体ごと回転させないと相手を狙えないため、履帯を切られてしまうと何もできなくなってしまいます。そうなれば棺桶と変わらなくなってしまうので、修理キットは持っておくといいでしょう。

スポンサードリンク