鉱山にて完全に虚を突かれる

鉱山の定石は基本的に中戦車が丘を取りに行き、丘の入り口を挟んで重戦車などが撃ちあう。
kouzan
それとは別に、中戦車が丘を回り込んだり対岸のnoob島と言われるところに進出したりする。もちろんnoob島に駆逐が行くこともある。

個人的にはnoob島がやたら機能する場合もあるので、重戦車以外の1両くらいであれば問題はないと思っています。

そんな鉱山ですが、まさかの相手トップtierであるIS-3に丘を回り込まれ先ほど惨敗して帰ってきました。大体丘を回り込んでくるのは中戦車で、重戦車で回り込んでくるプレーヤーは正直そんなに強くないだろうと高をくくっていたところ相手2両を倒し部隊は全滅。

いやはや驚きました。

正面を放棄する重戦車など言語同断!

後方から味方のISU-152からSOSが出たので何事かと思ったら丘裏IS-3が出現。

ここでISU-152を失うわけにもいかず、すでに丘は取られていたため、私も丘入口から引いてIS-3の対処にいきました。私のIS-3とISU-152で早々にトップtierのIS-3をからめとれればかなり有利になると思ったからです。

「トップtierの重戦車で丘を迂回しようとはこの奇行種めが!私とISU-152で葬ってくれる!!」

(あれ・・・味方のISU-152を盾にされて全く撃てない。。。)

相手はこちらのISU-152に接近し、それを盾にして私からの砲撃から身を隠しながら、私は全くダメージを与えられないままISU-152は葬られました。

(なんだコイツは。。。奇行種などではない・・・!)

2対1を思い描いていた私としてはもうガクブル状態。今度は死体のSU-152を盾にした相手と、坂道に素っ裸をさらしている私。急いで岩陰に身を隠し

「とりあえずこの危険なIS-3の足止めだけでも!」

せめて丘入口で撃ちあっている味方の邪魔はさせないつもりでいました。

が、時すでに遅し。私が後方に下ったあと丘入口の味方は壊滅していたのです。確かにトップtier重戦車の私は入り口は離れましたが、相手もそれはイーブン。

何で???

実はうちのトップtierのもう一両T32がnoob島へ渡っていたのです。

「もはやここまで!あのIS-3に最後のいたちっぺをかましてやれ!!てぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」

「弾がはじかれてしまったぞ!?」

戦闘後に見てみると、丘を回ってきたIS-3の勝率は60%!戦闘技術はもちろんのこと、このような攻め方も非常に参考になります。

確かにIS-3は重戦車の中では機動力がある方なので、奇襲の駒としてもなくはないのでしょうね。

今回も勝負のポイントは3点でした。
①トップtierの重戦車に奇襲を受けた
②T32がnobbアイランドに行ってしまった
③私のIS-3が何にもしてないまま爆散したw

やはりトップtierの働きが、勝敗に大きく影響しますね。

もうIS-3でトップtierになりたくないよぅ。。。

スポンサードリンク